【NordVPN】期間限定キャンペーン中 【最安値69%割引 + 3ヶ月延長】のチャンスを逃したくない方はこちら
PR

【2024年最新】タイ90日レポート(TM47)のオンライン申請できないを解消【新システムでの申請手順を画像付きで解説】

タイ90日レポートのオンライン申請の操作手順最新版

90日レポートをオンライン申請したいけど、イミグレーションのシステムがいつもダウンしてて手続きできない…

90日レポートのオンライン申請について最新の情報を知りたい

サイトがタイ語で分からないので、手続き手順を知りたい

こんな風に90日レポートのオンライン申請で悩んでいる方もいると思います。

僕がつい最近、ちょうどそうでした….

結論、2022年3月時点で、イミグレーションの新システムが稼働しており、問題なく90日レポートの申請ができました‼︎

今回の記事では、新システムを使って90日レポートの申請手続きをする手順を解説しますので、ご自身で90日レポートの管理している方はご参考ください。

今すぐ、オンライン申請の手順を見たい方はこちらから進んでください

目次

タイの90日レポート(TM47)とは?

タイでは、90日以上タイに継続して滞在する場合、自身の居住地を申請しなければいけないというルールがあります。

その際に申請する書類を、90日レポートと呼びます。
正式名称は「Form For Alien To Notify of Staying Longer Than 90 Days」、タイ語ではTM47(トーモー47)と言います。

通常、タイで会社勤めをしている人であれば、企業の総務・人事が対応してくれることがほとんどですが、個人でビザを管理している場合は、自分で更新手続きをするか、代行業者に依頼をする必要があります。

90日レポート(TM47)の報告をしなかった場合の罰金は?

報告義務を忘れた場合は、2,000バーツ〜5,000バーツの罰金が科せられます。

罰金額は、発覚したタイミングや状況によって異なるようですので、申請期限が切れている場合は、早々に自己申告して対応した方が良さそうです。

90日レポート(TM47)の申請を自分で手続きする方法は?

90日レポートの申請を自分で行う方法は下記3つです。

  1. イミグレーションまで行って手続きをする
  2. 郵送で手続きをする
  3. オンラインで対応する

イミグレーションまで行って手続きをする

まず1つ目は、自分でイミグレーションまで行って90日レポートの手続きをする方法です

ただ、この方法は「タイ語が話せない」「タイ語が読めない」という場合は戸惑うことが多いかも知れません。

また、単純に時間と労力がかかりますね…

もし、経験として、イミグレーションで手続きしてみたいという人は、体験談のブログも多数上がっているので参考にしてみると良いでしょう。

郵送で手続きをする

郵送で必要書類を送付し、90日レポート申請の手続きをすることも可能です。

イミグレーションまで足を運ぶよりかは、楽ですし時間もかかりませんね。

ただ、パスポートや必要書類を郵送することに少し抵抗があったので、僕はこの方法はやめました。

③オンラインで対応する

3つ目は、僕が実際に対応した、90日レポートをオンラインで手続きする方法です。

オンライン申請であれば5〜10分程度で完了します。

はっきり言って、時間、労力、難易度を考えると、オンライン申請一択だと思っています。

ただ、オンラインの場合、イミグレーションのシステムが正常に稼働しておらず、対応できないという状況が続いていました。

また、正常に稼働していても、2回目以降の90日レポート申請からでないと対応できないなど、いくつかオンライン申請できる条件を満たす必要があります。

オンライン申請できない場合は他の方法を検討するしかありませんが、まず一度トライしてみると良いでしょう。

ビザ代行業者へ90日レポート申請を依頼することもできる

もし自分で対応する時間がなかったり、自分で対応するのが不安な場合は、ビザ代行業者に依頼することもできます。

90日レポート申請の代行は600〜1,000バーツほどで対応してくれるところが多いので、もしオンラインでできない場合は、代行業者に依頼するという選択肢を持っておいても良いと思います。

90日レポート(TM47)のオンライン申請ができないケース

下記に当てはまるケースは、オンライン申請はできませんのでご注意ください。

  • 申請期限を過ぎている
  • 入国後1回目の90日レポート申請
  • TM30の申告をしていない
  • 住所変更をしている

該当する場合は、イミグレーションの現地まで行くか、代行業者に依頼して対応しましょう。

90日レポート(TM47)の申請期限

90日レポートの申請期限は、イミグレーションまで行って申請する場合と、オンラインで申請する場合で異なります。

  • イミグレーションでの申請:期限日の15日前〜期限日の7日後まで
  • オンライン申請 :期限日の15日前〜期限日の7日前まで

例えば3月16日が90日レポートの申請期限だとしたら、

イミグレーションでの申請の場合は、3月1日〜3月23日までが手続き可能です。
オンライン申請の場合は、3月1日〜3月9日で申請可能日です。

オンラインで申請できる期限は9日しかありませんので、忘れないように対応しましょう。

90日レポート(TM47)のオンライン申請はブラウザでもアプリでも対応可能

オンライン申請は、ブラウザでもアプリでも手続き可能です。

僕の場合は、入力が早くできるPCのブラウザで対応しましたが、PCもスマホも入力項目は変わらないので、PCを使うことがない人はスマホアプリで申請すると良いと思います。

90日レポート(TM47)のオンライン申請をする際、事前に用意するもの

90日レポート(TM47)のオンライン申請をする際は、事前に下記書類と情報を用意しておきましょう。

  • パスポート
  • タイの住所
  • 携帯番号
  • メールアドレス
  • TM6(タイ入国時に記入する入出国カード)

これだけあれば、90日レポートのオンライン申請が可能です。

90日レポート(TM47)のオンライン申請手順を解説

ここからは、実際に90日レポート(TM47)をオンライン申請する操作手順について解説していきます。

キャプチャを見ながら、順番に進んでいきましょう。

1.
まずはこちらのイミグレーションの登録ページを開きましょう。

下記の画面が表示されますので、初めての方は画面左下の「Don’t have an account?」の右横にあるApplyをクリックして登録を開始しましょう。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順4

2.
次の画面が表示されたら、上から順番に以下の項目を入力していきましょう。

  1. 登録したいメールアドレス
  2. 登録したいメールアドレスを再度入力
  3. Surname(名字)
  4. GivenName(名前)
  5. 電話番号

最後の欄は、ロボットでないかを識別するための入力欄です。
入力欄の上に表示されている文字・数字を入力しましょう。

全ての入力が完了したら、APPLYで次へ進みます。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順5

3.
前の画面でAPPLYを押すとすぐに、先ほど登録時に入力したメールアドレスに登録完了のメールが届きます。

このメールの中の「Your password」と書いているのが、ログインする際のパスワードとなります。
忘れないようメールを保管したり、メモにとっておいた方が良いです。

メールが確認できない場合は、迷惑メールボックスに入っていないかを確認してみましょう。

メール内にイミグレーションページへのリンクがあるので、そこをクリックしメールアドレスとパスワードでログインします。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順6

4.
ログインすると下記の画面に進みます。

ここでは90日レポートのルールについて記載されています。

英語に自信がない方は、翻訳ツールに入れてもよいと思うので目を通しておきましょう。
内容に問題がなければ、画面下部のチェックボックスにチェックを入れ「Accept」ボタンを押下し次へ進みます。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順8

5.
次の画面が表示されたら、青枠の「NEW APPLICATION(TM47)」を押下し次へ進みましょう。

申請後は、右の「CHECK THE STATUS OF APPLICATION」でステータス進捗を確認できるようになります。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順9

6.
次に、申請フォームが画面に表示されます。
順番に入力していきましょう。

  • Passport No:パスポート番号
  • Nationality:国籍
  • Surname:名字
  • GivenName:名前
  • Gender:性別
  • Date of Birth:生年月日
  • Arrival Thailand Date:タイ入国日(パスポートを確認しましょう)
  • Stay Visa Expire:ビザ有効期限(パスポートを確認しましょう)
  • Address Infomation:現住所情報

入力欄の右下部分は自分以外に連絡を希望する人の情報です。
特になければ空欄でも大丈夫でした。

必要事項の入力が全て完了したら、画面下部のチェックボックスにチェックを入れ、画面最下部の「Submit」を押下し申請完了です。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順10
90日レポート(TM47)オンライン申請手順11

90日レポート(TM47)オンライン申請後のステータス確認方法

申請が完了したら、必ず承認されるまで確認するようにしましょう。

承認、否決の結果は、通常、3営業日以内にでるようです。

僕の場合は、翌日にApproved(承認)となっていました。

確認手順は下記の流れです。

1.
登録時と同じくこちらからメールアドレスとパスワードでログインします。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順4

2.
次の画面が表示されたら、緑枠の「CHECK THE STATUS OF APPLICATION」を押下します。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順9

3.
表示された画面の右下「Status」を見れば現在のステータス進捗が確認できます。

下記のいずれかが表示されています。

  • Pending =審査中
  • Approved=承認
  • Rejected =却下
90日レポート(TM47)オンライン申請手順13

また、画面右下のPDFを開けば、以下のように申請内容を確認することができます。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順12

4.
申請が承認されれば、右下のステータスが「Approved」になります。

承認後は、画面右下の「Receipt of Notification」欄のPDFから90日レポート受領証を確認できます。

印刷してパスポートにホッチキス留めし保管しておきましょう。

また、受領証に”次回の90日レポート申請期限”も記載されているので、必ず確認し、忘れないようにしましょう。

90日レポート(TM47)オンライン申請手順14

90日レポート(TM47)のオンライン申請方法、最新版のまとめ

以上、今回は90日レポートのオンライン申請手順について解説いたしました。

イミグレーションのシステムが変わって、これからはオンライン申請でも安定して手続きができる…はずです。(タイなので言い切ることはできませんが…)

2022年3月時点では問題なく申請できたので、ご自身でビザを管理されてる方は、一度オンライン申請を試してみるのが良いと思います。

タイ90日レポートのオンライン申請の操作手順最新版

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

タイ在住歴6年 ‖ 海外ノマド ‖ 「ワクワクする海外生活」と「自由な働き方」について発信 ‖ スキル・資格なし事務職→採用担当→Webライター副業→今はブログ運営とWebライターがお仕事 ‖ 今日の職場は気分次第 ‖ 変わらない毎日を変えましょう
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 現在、タイ在住一年半です。TM47 新しステムの説明、ありがとうございます。詳細な説明で助かりました。1年ほど前から携帯の専用アプリで、申請していたのですが、今回できず変だなと困っていました。2022年3月に新システムが稼働していたのですね。新システムは、入力がパソコンでも携帯でも格段に楽になりました。現在、申請2日目で、「Pendinng」中です。なお、入管の開庁日や開庁時間にしかサーバーが動いていない感じがしますね。レポートありがとうございました。これからも情報提供よろしくお願いします。

    • Takashi Asakuraさん

      コメントありがとうございます!ご参考にしていただき嬉しいです😊
      新システムになってだいぶ申請が楽になりましたよね。
      サーバーの稼働時間ですが、先日、ダメ元で5/14日の土曜日に申請したところ、申請手続きは完了しました。(申請だけなら、いつでもできるのかもしれません)
      5/15(月)が祝日でしたが、5/16(火)の10時にはapproveの連絡が来ましたので、最近は審査結果が出るのも早いですね。
      情報が更新されたら引き続き発信していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • 今回3回目のオンライン申請の際、参考にさせて頂きました。他の方の参考になるかもしれないのでレポートします。

    ①7月7日入国。いつものようにアパートのオフィスに行き、TM30の申請をお願いする。7月2日から入国カードが廃止されたことを伝えるが、そんなはずはない、入国カードがなければ申請できないと揉めるが、とりあえず申請してくれと頼んだら問題なく受理される。

    ②7月7日から90日目は10月4日で、9月29日になり期日1週間前を過ぎたのでオンライン申請することにする。久しぶりの申請なのでこちらのサイトで申請方法を確認すると、1回目の申請はオンライン不可と知る。この1回目というのが、入国後1回目なのかオンライン申請1回目なのか判断できなかったので他のサイトを複数確認すると、タイから出国すると90日レポートがリセットされるので、入国後1回目の申請はオンラインではできないと記載されている。また、オンライン申請も期日1週間前までと知る。2つも条件に当てはまらないが、駄目元でオンライン申請すると、とりあえず受付される。

    ③そして24時間以内の9月30日に承認のメールが届く。もし承認されなかったら、業者に申請を頼むか、10月31日期限のビザを早めに延長する際に同時に90日レポートも申請しようと思ってました。

    ④ちなみに、昨年ビザを延長した際に、90日レポートの期限がまだ30日以上あるにも関わらず、担当してくれた人が知らない間に90日レポートを延長してました。

    分かりにくい文章で申し訳ありませんが、まとめると、
    •入国後1回目のオンライン申請でも承認された。
    •入国90日目より1週間前を過ぎていたがオンライン申請が承認された。
    •昨年ビザ延長の際に、90日レポートも延長してもらえた。
    ということです。

    ただ、タイのビザ関係は担当者や申請するタイミングで結果が異なるので、あくまで参考程度にして下さい。

    • ぷぷい さん

      コメントありがとうございます!
      当サイトの掲載内容は、当方の実際の経験と、付き合いのあるビザ代行の方のアドバイスをまとめた内容となっているのですが、例外ケースも存在するということが分かり、とても参考になりました!

      「1回目の申請はオンライン不可」の分かりづらい部分は、即修正しようと思います。

      仰る通り、「タイのビザ関係は担当者や申請するタイミングで結果が異なる」ということが往々にありますよね…
      それでも、こういった事例の共有はとても有益だと思います!
      ご共有ありがとうございます!

  • 新年おめでとうございます。
    本ブログを参考にさせていただき、本日、TM47オンライン申請しました。
    12:46申請受理 ==> 13:58 承認のEメール返信でした。正月明けでタイミングが良かったのでしょうか。
    次回からもオンライン申請したいと思います。ありがとうございました。

    • ダークパタヤ さん

      あけましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます!

      申請受理から1時間ちょっとでの承認は、僕の経験からしても断トツに早いです。
      タイミングが良かったのかも知れませんね!

      当ブログをご参考にいただき、ありがとうございます!

コメントする

CAPTCHA


目次