【NordVPN】期間限定キャンペーン中 【最安値69%割引 + 3ヶ月延長】のチャンスを逃したくない方はこちら
PR

HSPはフリーランスに向いてる?【メリット・デメリットを徹底解説】

HPSフリーランスメリット

HSPの自分には、会社組織で正社員として働くのがきついかも…

人間関係のストレスから解放されて、自由に働きたい…

HSPはフリーランスに向いているのか知りたい

HSPがフリーランスを目指す際に気をつけなければいけないことを知りたい


HSPの方で、会社組織での働き方に疲れ、フリーランスへの道を考える人も多いと思います。

HSPは繊細であるがゆえ、多くの人間関係を求められる環境では疲れてしまうこともあります。

ですが、HSPが持つ高い能力を活かしてフリーランスとして活躍する道もあります。

今回は、「HSPはフリーランスに向いているか?」というテーマで、HSPがフリーランスになるメリット・デメリット、HSPに向いている適職などについて解説していきます。

この記事を参考に自分にあった働き方を考え、ストレスから解放されて、自分の能力を発揮できる道を見つけましょう。

目次

HSPがフリーランスになる10のメリット

HSPの方の中には会社組織の中でストレスを抱えやすい人もいるため、フリーランスとして活動することで、自分らしくストレスなく働ける方も多いです。

HSPの特徴を踏まえ、HSPの方がフリーランスとして活き活きと働けるポイントを解説いたします。

①人間関係のストレスが減る

フリーランスになれば、関わる人を自分で選ぶことができます。

そのため、人間関係のストレスがグッと減ります。

価値観のあわない人や、攻撃的な人と無理に一緒にいる必要がなくなり、自分が苦手な人とは距離を置くことができるため、精神状態の安定を保てるでしょう。

「対面が苦手」「電話が苦手」という方も、仕事の連絡手段をチャットやメールなどの方法のみにして、在宅で完結する仕事を選ぶことも可能です。

人間関係のストレスは不安や不満の大半を占めるため、自分の苦手な人と接する必要がなくなるのは大きなメリットです。

②大勢の人の前に立つ必要がなくなる

HSPの方の中には、大勢の人がいる場が苦手と感じる人もいるでしょう。

フリーランスになれば、誰と接するか、どのようなコミュニケーション方法をとるかを自分で選択できるため、自分が苦手なシチュエーションを避けることができます。

HSPの方は相手のことをしっかりと観察し、鋭い感覚と思考力を使って、相手が何を求めているのか、何に気を遣っているのかを察することに長けている方が多いです。

そのような場合、自分が得意とする1対1のコミュニケーションの場を選択することで、能力を発揮しやすくなります。

③自分のペースで仕事できる

他人に焦らされることなく、自分のペースで仕事ができるのもHSPがフリーランスになるメリットです。

会社組織で働く多くの場合、組織のスケジュールを第一として動かなければなりません。

近年ではワークライフバランスという言葉が浸透してきているものの、まだまだ日本では安定したバランスがとれる会社ばかりではないのも現実です。

ですが、フリーランスになれば、仕事量は自分で調整することができます。

生活できる金額さえ稼ぐことができれば、あとは自分のスケジュールをみてプライベートと仕事のバランスを調節することも可能です。

④満員電車に乗らないで良い

これは、僕がフリーランスになって大きなメリットとして感じた点でもあります。

満員電車によるストレスは、臨戦態勢の戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも、強く感じると言われています。

満員電車に乗っていると、電車内で動くことも降りることもできず、自分で何も状況を変えることができず、ただ身を任せるだけの状態が大きなストレスの要因となるようです。

繊細な方であれば、そのストレスは人並み以上に感じるでしょう。

仕事はそこまで嫌いではないけど、通勤が本当に嫌という方も多いのではないでしょうか。

満員電車に乗らなくてもよいだけで、仕事への向き合い方も変わってきます。

⑤好きな場所で働ける

フリーランスになれば、働く場所に縛られなくなります。

自宅はもちろん、お気に入りのカフェや旅先でも働くことができます。

最近ではフリーランスが利用できるコワーキングスペースも増えているため、自分の集中できるスポットを探す楽しさもあります。

自分の集中しやすい環境で仕事に打ち込めることは、楽しく仕事を続けていくことにもつながります。

⑥高圧的なパワハラや、セクハラから解放される

社会的問題となっているパワハラやセクハラは、会社組織で働くHSPの人にとっても大きな問題です。

正社員で働いていると、「小さなハラスメントくらいならと…」耐えながら仕事する場面もあるのではないでしょうか…

フリーランスで働くようになれば、一緒に仕事をする人を選ぶことができるため、”ヤバい人”と一緒に仕事をする必要もなくなります。

⑦同調圧力から解放される

会社組織で働いていると、少数意見の人が多数意見の圧力に取り込まれてしまう同調圧力を感じることが多いです。

特に日本という国で働いていると、同調圧力を感じる場面は多いのではないでしょうか。

ある程度人数のいる組織であれば、声の大きい人(影響力のある人)の意見に合わせないといけない空気ができていたり、「多数派と異なる意見は悪」という雰囲気を感じた経験がある方も多いと思います。

自分の考えや意思を押し殺して、違うことをしなければならない環境は大きなストレスとなります。

フリーランスになれば、会社内の人間関係に縛られることもなく、強制的に人と関わる必要もなくなるので、こうした同調圧力から解放されます。

⑧体調に応じて仕事量を調整できる

フリーランスの場合、仕事する場所、量、作業時間を自由に設定することができます。

そのため、本調子でない日に作業時間を減らすことも自分の裁量次第です。

万が一、締切が近い仕事を抱えている場合は、クライアントと相談して調整してもらうなど、受けた側の責任を果たすよう心がけは必要です。

⑨手に職がつけば人生の選択肢が増える

フリーランスと一言にいっても、その職種は様々です。

どの職種もプロとして仕事をしてお金をいただく以上、一定のスキルは必要です。

ですが、一度スキルが身につけば、得たスキルをさらに追求していくことも、習得したスキルを軸に新たな分野へと活動を広げ、人生の選択肢を増やすこともできます。

⑩長所を活かして仕事ができる


HSPの方は、他の人にはない長所をもっています。

会社勤めをしている時は、自分の仕事を全て選ぶことができないため、場合によっては長所を活かせない場所で仕事をしなくてはなりません。

フリーランスであれば、仕事の内容を自分で決めることができます。

得意を仕事にすることで、自分の自信にもなります。

HSPフリーランスがきついと思うデメリット

HPSフリーランス

HSPの人がフリーランスになるメリットについて説明してきましたが、もちろんいいことばかりではありません。

一般的に言われているフリーランスとしてのむずかしさはもちろん、HSPの人が特にフリーランスで苦労するポイントもありますので、事前に把握しておきましょう。

営業力が必要とされる

メリットでも説明したように、フリーランスになれば自分の仕事の量や作業時間を自由に設定できます。

一方で、会社から仕事が与えられるわけではないため、自分で仕事を獲得しなければなりません。

人と関わることが苦手と感じる方でも安定して仕事を獲得できるようになるまでは、フリーランスが集まるコミュニティに参加したり、クラウドソーシングサイトで提案文を送ったりするなど、積極的に交流や営業を行う必要があります。

自由を獲得するまでには、それ相応の努力が必要となります。

初めは収入が不安定

フリーランスになりたての頃から、十分な仕事を得られる方は少ないです。

そのため、最初は収入が不安定なことがほとんどです。

ほとんどの人は不安定な状況が続くと不安な気持ちになったり、不安定なのは自分のせいではないかと落ち込んだりしてしまう傾向がありますが、繊細なHSPの方の場合は特にその傾向が強く現れるかもしれません。

クライアントによっては対応が大変

フリーランスにとって、仕事相手であるクライアントとの関係性はとても重要です。

フリーランスになる多くの方がクライアントワークからビジネスを始めます。

クライアントから仕事内容をヒアリングし、報酬や納期、その他条件を踏まえ、お互いに合意をした上で契約をして業務がスタートします。

業務に着手している期間にクライアントと連絡がとれなくなってしまうことや、レギュレーションが細かく決められており確認作業に多くの時間をとる必要がある場合など、クライアントによっては対応が大変なこともあります。

相性があわなかったり、連絡頻度や連絡時間帯に問題があっても、案件が完了するまではあわないクライアントと仕事をしなければならない場面もあります。

お仕事相手として対等に対応してくれるクライアントもいれば、下請けや作業者として雑な対応をするクライアントの方もいます。

HSPの方は、クライアントとあわず仕事が上手くいかなかった場合も、落ち込んで自分を責めてしまうことがあります。

人間関係から自由になりたくてフリーランスになったのに、気持ちよく仕事に取り組めないのであれば本末転倒ですので、クライアント選びには十分に注意する必要があります。

コミュニケーション能力を求められる

フリーランスとして活動するためには、コミュニケーション能力が求められます。

仕事を獲得するための営業活動にはじまり、報酬の交渉、契約締結、業務の進め方などのフリーランス活動全般で、一定レベルのコミュニケーション能力が必要になります。

もし自分で商品を作って販売するという場合でも、エンドユーザーとの接点は求められるため、人との関わりが全くない仕事はほぼ存在しないでしょう。

フリーランスになったからといって、良くも悪くも、人と接する機会がなくなる訳ではないことを理解しておきましょう。

自己管理能力が求められる

こちらもフリーランサー共通の課題です。

フリーランスになると仕事の量や作業時間、作業場所が自由に選択できるようになります。

その一方で、組織に所属している時とは異なり、すべてを自分で管理する必要がでてきます。

人によっては、管理されていた方が「何も考えなくて楽だった」と感じるかたもいるかも知れません。

フリーランスは、業務進捗の管理はもちろん、身体やメンタルの健康管理も自分で行っていかなければならないことを理解しておきましょう。

すべて自己責任となる

フリーランスはすべての行動に責任を持つ必要があります。

仕事中のトラブルや事故、体調不良で業務が滞るといった場合、会社に所属していれば誰かがバックアップしてくれたり、労災や休暇制度などで対応してもらえることが多いです。

対してフリーランスの場合は、このような場合も基本全て自己責任です。

会社勤めが長い方ほど、このような面に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

対策としては、クライアントと契約を結ぶ際に、契約書の内容をよく見ておくことです。

また、フリーランス用の保険もありますので、フリーランスになる際は必ず加入しておいた方がよいでしょう。

(フリーランス用保険の詳しい説明はこちら)

確定申告が必要

フリーランスになれば、自分で確定申告をする必要があります。

確定申告とは、1月1日~12月31日の1年間の所得をとりまとめて所得にかかる税金を計算し、国(税務署)に納めるべき税額を報告する手続きのことです。

会社に勤めていると、人事・総務の方が全てやってくれて自分で対応する必要がないため、フリーランスになって最初に対応する時は煩雑に感じるかもしれません。

孤独になる

フリーランスになると会社で同僚や先輩社員と働いてる時とは異なり、基本は個人で活動します。

余計な人間関係がなくなるメリットがある一方、何かを達成しても一緒に喜ぶ人がいなかったり、仕事で行き詰まった時やトラブルの際にも一人で対応しなければいけないというデメリットもあります。

頑張りすぎてしまう

フリーランスになると、「自分が頑張らなければ」と自分を追い込みすぎてしまう方もいます。

自分を奮い立たせてモチベーションを高めることは必要ですが、限界を超えてしまえばメンタルは疲弊してきます。

自分の身体や心の状態と相談しながら、ほどよく休息を入れて取り組むことも必要です。

一人で解決する力が求められる

フリーランスには、課題解決力が求められます。

会社勤めをしていた際は、上司や先輩社員に聞くことができたかも知れませんが、フリーランスになれば自分でググったり、試したりしながら、自分一人で課題解決をしていかなければなりません。

不明な点をクライアントに相談した方がよい場面もありますが、何でもすぐに聞くのではなく、まずは相手の時間をとらないように、自分で調べる力を身につける必要があります。

HSPには正社員で働くのがきつい人も多い

HSPは「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で、「非常に敏感な人」「とても繊細な人」のことを指します。

大きな特徴として以下の4つが挙げられます。

  1. 物事の考え方が深い
  2. 刺激に敏感である
  3. 共感しやすい
  4. 感覚が鋭い

HSPのかたは人混みが苦手、大きな音や騒がしいことが苦手、相手の機嫌や気分の変化に気づきやすいなどの傾向があります。

ここでは、このような特徴を持つHSPのかたが、正社員で働くのに苦手意識を持ちやすい理由について解説していきます。

人間関係が辛い

HSPの方には、人間関係が大きなストレスとなる場合があります。

正社員として働く場合、組織の大小に関わらず、週に5日間会社の同僚や取引先など特定の人と長時間を過ごします。

組織の一員としては、多少嫌な思いをしても関係を続けなくてはならない状況が存在します。

このような環境は多くの方が辛く感じると思いますが、「刺激に敏感である」「感覚が鋭い」という特徴を持つHSPの方にとっては、よりストレスを感じることでしょう。

ちょっとした言動が気になったり、近くにいる人のイライラした感情を感じ取ったりすることで、「苦しい」「辛い」と感じる頻度も増えます。

周りと比較して落ち込んでしまう

HSPの人は、他人からの見られ方や、周囲の刺激にも敏感です。

HSPの人は、「物事の考え方が深い」「感覚が鋭い」という特徴があるため、周りの人と自分とを比較をして疲れてしまったり、落ち込んでしまうこともあります。

多くの人がいる環境では刺激を受けることも増えるため、悩みを抱えることも多くなります。

人が多いと疲れてしまう

HSPの方の特徴として、人混み、満員電車、大勢の人が参加する飲み会の場などにいると疲れてしまうという傾向があります。

多くの人に気をつかったり、他の人の感情を敏感に感じてしまうためです。

正社員として働いている以上、大人数がいる場所に身を置く機会も増えるため、疲れを感じることも多いでしょう。

フリーランスを目指すなら、まずは副業から始めるのがベスト

HPSフリーランス

フリーランスを目指すのであれば、まずは副業から始めるのが一番リスクのない方法です。

思い切って会社を辞めても、実際に転身してみたらフリーランスという働き方の方が自分にはツライと感じることもあるでしょう。

そのような失敗をしないためにも、まずは副業から少しづつ始めてみましょう。

副業なら収益が低くても、精神的負担は少ない

副業であれば、最初の内に収益が低くても精神的負担を感じることは少ないでしょう。

あらたに自分でビジネスをしようとした際、案件をとって収益を得るまでに一定の期間が必要です。

それに、収益を得られるようになっても、最初は単価の安い案件からスタートになります。

そのような環境下で独立してしまうと、経済的にかなりのプレッシャーを感じることになります。

また、収益だけを重視してしまうことで将来的なスキルがつく仕事に着手できない、本当は違う分野の仕事に挑戦したいけど手を出すことができないといった状況になります。

副業で一定レベルまで稼げる力を身につけて独立することで、フリーランスになった後の精神的安定は大きく変わります。

月5万円稼げれば、見える選択肢が広がる

副業を始めた際は、最初は月5万円を目標にしましょう。

副業で5万円稼げる力が身に付くだけでも、選択肢が大きく変わるからです。

会社員をしながらの副業では、稼働する時間が限られます。

仮に、平日2時間の稼働で月5万円稼げたとしたら、独立して平日8時間稼働すれば単純計算で月20万円は稼げるということになります。

実際は稼働時間が増えればスキルの向上は早くなり、案件単価も向上するため、さらに稼げることが見込めます。

フリーランス独立のひとつの目安として、まずは月5万円を副業で稼げる力を身につけましょう。

フリーランスを目指すなら、クラウドソーシングサービスの登録は必須

フリーランスを目指す方は、まず最初にクラウドソーシングサービスに登録しましょう。

スキルが付いたばかりの段階で、自分で営業して案件を獲得するのはかなり難易度が高いです。

多くの人が利用するクラウドソーシングサービスを利用する方法が一番簡単です。

簡単に登録して始められる

クラウドソーシングサービスの登録は簡単で、即日完了ですぐに案件に応募することができます。

登録に関しては、面倒な審査などはないので、まずは主要のクラウドソーシングサービスを3つほどサクッと登録して、複数サービスから案件を探すのが良いでしょう。
(おすすめのクラウドソーシングサービスはこちら)

幅広い仕事から案件を選べる

クラウドソーシングサービスには幅広い案件が用意されています。

デザイン、プログラミング、ライターなどの案件はもちろん、誰でもできるアンケートや事務作業の案件などもあります。

豊富な案件の中から、自分にのレベルにあった案件を選んでいきましょう。

登録必須のクラウドソーシングサービス3選

クラウドソーシングサービスに登録する際は、下記の3サイトは必ず登録しておきましょう。

この3つをおすすめする理由は、クラウドソーシングサービスとして規模が大きく、利用者、案件数ともトップクラスだからです。

3サービスとも上場を果たしている企業のため、サービスとしての安心感もあります。

すべて登録は無料なので、まずは3サービス登録して、案件によって使い分けるようにしましょう。

フリーランス用保険のFREENANCE(フリーナンス)にも入っておこう

フリーランスとして活動したり、副業を始める際は、絶対フリーランス用保険には入っておきましょう。

会社員として働いている場合、ミスやトラブル、事故を起こした場合などでも、個人に損害賠償が請求されるケースは少ないです。

しかし、フリーランスとなると、すべて個人に請求されます。

意図しないところで著作権侵害、情報漏洩、納期遅延などで損害賠償を請求されるケースもあり、金額も多額になるため個人のフリーランスは深刻な経済的なダメージを負うことになります。

そのようなリスクから身を守るためにも、フリーランス用の保険は必須です。

フリーランス用の保険ならFREENANCE(フリーナンス)一択

結論、フリーランス用保険はFREENANCE(フリーナンス)一択です。

なぜなら、無料でアカウントを開設するだけでも手厚い保証がついてくるからです。

アカウント開設するだけで、以下の補償が無料で付帯されます。

  • 業務遂行中の事故:最高5,000万円
  • 仕事の結果の事故:最高5,000万円
  • 受託物の事故  :最高500万円
  • 情報漏洩    :最高500万円
  • 著作権侵害   :最高500万円
  • 納品物の瑕疵  :最高500万円
  • 納期遅延    :最高500万円

これに加えて希望する方は、ケガや病気の際の所得補償制度を付けることもできます。

基本プランのみであれば、アカウント維持費も0円なので、加入しない理由はありません。

詳細は下記公式サイトでご確認ください。
【FREENANCE】

HSPがフリーランスとして働きやすい仕事6選

続いて、HSPの方がフリーランスとして働きやすい仕事6選を紹介します。

1.Webデザイナー

Webデザイナーはバナー制作、LP制作などをするフリーランサーにも人気の職種です。

Webデザイナーとしての案件単価を上げるためには、HTML、CSSなどのマークアップ言語や、JavaScriptやPHPといったプログラミング言語を覚え、対応できる領域を増やしていくことです。

また、サイトに来た顧客に行動を起こさせるためのマーケティング視点も必要です。

最初はPhotoshopIllustratorなどのソフトを触ってみて、自分の適正を確かめてみるのが良いでしょう。

もし、デザインソフトを触ってみて、より興味が沸いた人には、Design Hacksがおすすめです。
PhotoshopやIllustratorの使い方はもちろん、バナー制作やLP制作についても学べ、実際の仕事の探し方についても教えています。かつ、質問し放題で、59,800円の買い切りプランなので、デザインを本気で勉強したくなった方には推しのスクールです。

【メリット】

  • スキル次第でWebディレクターやプログラマーへの転身もできる
  • プログラマーと同様、需要の多い仕事

【デメリット】

・単価を高めるためには、他分野の知識も習得が必要
・ビジュアルやアートに興味がない人には退屈

2.Webライター

続いて、僕が主業としてるWebライターのお仕事です。

Webライターは、クライアントから依頼されたテーマに沿って記事を執筆する仕事です。

単価を上げるためには、SEOライティングとセールスライティングができるようになることが必須です。

クライアントのほぼ全ては記事を上位表示させ、読者へ行動を起こさせることを目的としています。

そのためにSEOの知識を深め、Googleと読者の両方に好まれる記事を書き、読者の行動につなげることができる能力が必要となります。

また、執筆するジャンルによっても単価は変わってきます。

単価が高く、自分に強みがある分野に絞って案件をとることで収入は安定します。

もし1からWebライターを勉強したいというかたは、パーソナルWebライティングスクールがおすすめです。
他のスクールよりもプロとして稼ぐことに特化しているため、

  • アフィリエイトで稼ぎたい」などの要望にあわせ、オーダメイドでカリキュラムを作ってくれる
  • 添削回数が無制限なので、スキルがつくまで何度もフィードバックをもらえる
  • 24時間チャットで質問できるので、立ち止まることがない

さらに、実際にお仕事を紹介してもらえる制度もあるので、プロとしてお金を得るまでしっかりサポートしてくれます。

今だけ毎月20名限定で無料体験を実施しているので、まずは気軽に試して適正をみるのが良いと思います。
(枠が少ないので、月初がチャンスです)

\ 20名限定の無料体験を試してみる /

【メリット】

・Webマーケティングの知識も深めることができる
・ライティングスキルを極めれば、ブログ運営やコンテンツ制作に横展開できる

【デメリット】

  • 最初は案件単価がとにかく低い
  • 文章を書くのが嫌いな人には向かない

3.動画編集

動画編集の仕事は、クライアントから依頼された動画のカット、テロップ入れ、効果音やバックミュージックの音入れなどをして、一本の動画を完成させる仕事です。

動画編集だけでなく、オープニング動画や広告動画など、動画制作もできると仕事の幅が広がります。

2〜3年前はYouTubeが流行していたこともあり、動画編集案件の単価が高騰し、副業としても参入しやすい分野でしたが、今は当時ほど案件をとるのは簡単ではありません。

とはいえ、再生数を伸ばすことができるマーケティングスキルと、確かな動画編集スキルを兼ね備える、レベルの高い動画編集者の需要はまだまだあり、今から挑戦しても遅くない分野です。

動画編集を0から始めたいという方には、Movie Hacks がおすすめです。

動画編集スクールは高額なサービスが多いですが、Movie Hacksは他スクールと比較しても安価の買い切りサービスで、質問を無制限にすることができるため、初心者が動画編集の基礎をしっかりと身につけるのにピッタリです。

MovieHacksについては、下記の記事で詳細を解説しておりますので参考にしてみてください。

MovieHacksでは稼げない?受講経験者がまとめたリアルな【評判·口コミ·メリット·デメリット】

メリット】

  • 確かな編集スキルとマーケティングスキルを兼ね備えれば、安定して案件を獲得できる
  • 広告動画、オープニング動画などの動画制作スキルを磨けば高単価案件も狙える

デメリット】

  • 簡単な編集作業で稼げる案件は減ってきている
  • 編集ソフト、編集が可能なスペックのPCが必要なため初期投資が必要

4.プログラマー

副業やフリーランスとして人気が高いのがプログラマーの仕事です。

人気が高い理由は、シンプルに需要が多く、単価も高いためです。

確かなスキルをつければ、将来的にも安定して案件をとっていくことができるでしょう。

プログラマーへの道を選択する際に注意したいのは、自分への適正です。

自分でサイトやアプリを作ることが楽しいと思える人と、よく分からないコードを見ていて頭が痛くなるという人で分かれます。

最初は、いきなり高額のプログラミングスクールに入るのではなく、Progateドットインストールなどの無料で使える学習サイトからトライしてみたり、月額制のプログラミングスクール「本気のパソコン塾」月額5,280円〜)のようなサービスでミニマムにスタートして、自分の適正を見極めるのが良いと思います。

メリット】

  • 案件単価が高く、案件数も安定している
  • 将来的な需要も安定が見込める

【デメリット】

  • 楽しいと思えない人には苦痛
  • 仕事を受けれるレベルになるまで相当の努力が必要

5.Webマーケター

Webマーケターも、独立を目指す人に人気の職種です。

Webマーケターを細分化させると、SEOコンサルや、SNSコンサルなど幅広く分かれてきます。

顧客に行動を起こさせるための導線作りをするため、Webビジネスにおいて一番重要なポジションとも考えられます。

マーケティング視点はどの分野でも必要なスキルのため、極めれば案件受注に困ることはないでしょう。

【メリット】

  • マーケティング視点は全てのビジネスに必要とされるため、極めれば仕事に困ることがない
  • SNSコンサルなど分野を絞れば、割と早く価値提供できるレベルまで成長できる

【デメリット】

・経験者を求める案件ばかりのため、マーケティング分野で働いた経験がないと案件受注が難しい
・広い知識と経験が必要とされるため、実際に結果を出せるまでに時間がかかる

6.ブロガー

ブロガーは一時期よりかは熱が冷めている感じがしますが、2023年現在でも憧れる方が多い職種です。

好きな場所で、好きな時間に、好きな量の仕事をする。

クライアントの指示を受ける必要も、納期もないため、全てが自由です。

その分、マネタイズできるまでに時間と労力がかかるのが実情です。

結果を出している人の収益報告を見ても最初の半年、一年を時給換算するとかなり厳しいものです。。。

それでも、マネタイズできれば収入を生み出し続ける資産となるため、ブロガーに挑戦する価値はあります。

ブログで収益の柱を作りたい人は、下記の記事を読めば0からスタートすることができます。
【完全初心者向け】稼げるブログの始め方【失敗しやすい内容も解説】

【メリット】

  • マネタイズできれば、少ない労働力で収入を生み出す資産となる
  • ブログ運営する過程で、得られるスキルが多い

【デメリット

・マネタイズできずに9割の人が脱落する
・短期での結果を望む人には向いていない

HSPがフリーランスとして活躍するための3つのコツ

HSPの方が無理をせず、フリーランスとして着実に活躍するための3つのコツを紹介します。

①まずは基盤を作ってから独立する

HSPの方がフリーランスを目指す際は、独立前に基盤を作っておいた方が良いです。

何も基盤がないと、独立後に不安や心配でメンタルが疲弊してしまいます。

副業で、一定金額を稼げるスキルとクライアントを見つけて、最低でも月5万円は稼げる力をつけてから独立するようにしましょう。

②自分の体調を一番大切にする

フリーランスとして活動した後も、自分の体調は一番に大事にするようにしましょう。

フリーランスはどれだけ働くかも、どれだけ休むかも自分で決めなければなりません。

体は資本です

心と体が健康でなければパフォーマンスは発揮できません。

自分の体調を考慮して、案件のボリュームを調整するようにしましょう。

③家族や友人とのコミュニケーションを大事にする

フリーランスになれば、良くも悪くも人と関わる機会が減ります。

ストレスから解放される一方、孤独な気持ちになることもあるでしょう。

自分のメンタルの健康を守るためにも、家族や友人などとのコミュニケーションは大事にするようにしましょう。

自分の大切な人との時間が心に余裕を与えてくれます。

最初の壁を越えれば、フリーランスはHSPにあった働き方となる 

今回は、HSPの方がフリーランスになるメリット、デメリットなどについて解説いたしました。

フリーランスとして独立するのは良いことばかりではありません。

最初の内は、ツライと思うこともあるかも知れません。

ですが、確かなスキルを身につけ、フリーランスとしての働き方のノウハウがわかってくれば、自分の嫌なことを減らし、好きな環境で働けるようになってきます。

もし、「自分の力で自由に生きたい」という意欲を強く持っているのであれば、フリーランスを目指すことを強くおすすめします。



HPSフリーランスメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次